知育 デイトレ億万長者の共通点ーその9ー | 三枝徹の「資産運用でお金を増やす技術・お金が貯まる節約術」
Thank you 8th Anniversary♪

三枝徹の「資産運用でお金を増やす技術・お金が貯まる節約術」

お金を増やすにはどうしたらいいですか。個人的にはやはり資産運用をすべきと考えます。ただしFXのような運に左右されすぎる取引は行いません。株取引がメインです。資産運用でお金が増えるのなら節約は不要ではないですか。そんなことはありません。お金は人生を豊かにするためのものであり、道楽で人生を無為に過ごすためのためのものではありません。1円をバカにする者にお金は残りません。

<< デイトレ億万長者の共通点ーその10ー | main | デイトレ億万長者の共通点ーその8ー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト
デイトレ億万長者の共通点ーその9ー
()個別の銘柄の動きを自分の身をもって体感している

上場企業は全市場で約4000銘柄あるそうです。
しかし、それら個々の銘柄はそれぞれ違った動きをします。例えば、日経平均に忠実で、日経平均が上げればその銘柄も上げ、日経平均が下げればこちらも下げとい銘柄があります。逆に、日経平均とはまったく連動しない銘柄もあります。

また、新興銘柄の中にはソフトバンクの動きに影響する銘柄もあります。
直近IPO銘柄は、地合いとはまったく関係なしに、個人投資家の思惑で加熱したり、一気に冷めたりします。

このように、銘柄は個別違った動きをします。しかし、中には連動する銘柄もあります。なぜだかよくわからないが、この銘柄が上げるとあっちの銘柄も上げるという現象が起きます。

デイトレ億万長者の方は、ここの銘柄がどういう動きをするのか、それを体感しています。
「体感」とはどういうことか。それは、自分でカネを払ってその銘柄を買い、儲けられるか損をするかという利害関係をもったうえでその銘柄を観察し続けたことをいいます。
自分でちゃんとカネを払い、目を離したすきに損をしてしまうとか、高値で売り損ねてあまり利益が出なかったという状況を経験しないといけないということです。

こうやって個々の銘柄の動きを体感するという経験の数が、デイトレ億万長者とふつうのデイトレーダーの大きな違いです。

よくデイトレ億万長者の著書を読むと、「デイトレは体で覚えないといけない」「スポーツに似ている」と書いています(詳しくは「(察忙温擁幻ァのカテゴリーで挙げた文献を読んでください)。これは、ここの銘柄の動きを体感するということに集約されると思います。

なお、損切りして損をしたときほど、その個々の銘柄の動きが「痛み」となって脳裏に焼きつき、今後の取引のためのいい経験になります。「痛み」を伴って体で覚えたことが、目に見えぬ力になります。

そして、脳裏に焼きついた「痛み」が、デイトレで必須な「瞬時の判断」につながっているように思われます。
| comments(0) | - | [株投資心構え]デイトレ億万長者の共通点 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - デイトレ億万長者の共通点ーその9ー
スポンサーサイト
| - | - | - | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト