知育 預かり金1260万円着服の疑いで元弁護士の男を逮捕 東京地検特捜部 | 三枝徹の「資産運用でお金を増やす技術・お金が貯まる節約術」
Thank you 8th Anniversary♪

三枝徹の「資産運用でお金を増やす技術・お金が貯まる節約術」

お金を増やすにはどうしたらいいですか。個人的にはやはり資産運用をすべきと考えます。ただしFXのような運に左右されすぎる取引は行いません。株取引がメインです。資産運用でお金が増えるのなら節約は不要ではないですか。そんなことはありません。お金は人生を豊かにするためのものであり、道楽で人生を無為に過ごすためのためのものではありません。1円をバカにする者にお金は残りません。

<< スマホ用大容量モバイルバッテリー cheero Power Plus 3 13400mAhが安い! | main | 北九州の老舗ベーカリーショップ「シロヤ」、博多駅に初出店 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト
預かり金1260万円着服の疑いで元弁護士の男を逮捕 東京地検特捜部

預かり金1260万円着服の疑いで元弁護士の男を逮捕 東京地検特捜部

産経新聞2015年3月3日(火)11:35

 不在者財産管理人として預かっていた他人の預金を着服したなどとして、東京地検特捜部は3日、業務上横領容疑で、横浜市港北区の元弁護士、松田豊治容疑者(52)を逮捕した。特捜部は認否について明らかにしていない。

 逮捕容疑は、平成20年5月から21年5月までの間、7回にわたり、東京家裁の審判により不在者財産管理人として預かっていた銀行預金など計約1260万円を口座から出金して着服したとしている。

 特捜部によると、松田容疑者は着服した現金を生活費などに使ったという。

 松田容疑者は第一東京弁護士会所属の弁護士だったが、連帯保証人に資産があるとする虚偽内容を書いた契約書を作成したとして、昨年2月に除名処分を受けていた。

 不在者財産管理人は、行方不明となった人に対し、この不明者の財産などを保護するため、家裁が弁護士などから選任する制度。

| comments(0) | - | [日々随時更新]途中経過・・・ | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 預かり金1260万円着服の疑いで元弁護士の男を逮捕 東京地検特捜部
スポンサーサイト
| - | - | - | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト