知育 ファンド換金売りで株安/債券安、今後の資金流入先が焦点 | 三枝徹の「資産運用でお金を増やす技術・お金が貯まる節約術」
Thank you 8th Anniversary♪

三枝徹の「資産運用でお金を増やす技術・お金が貯まる節約術」

お金を増やすにはどうしたらいいですか。個人的にはやはり資産運用をすべきと考えます。ただしFXのような運に左右されすぎる取引は行いません。株取引がメインです。資産運用でお金が増えるのなら節約は不要ではないですか。そんなことはありません。お金は人生を豊かにするためのものであり、道楽で人生を無為に過ごすためのためのものではありません。1円をバカにする者にお金は残りません。

<< ヤンキース松井が大活躍らしい | main | 市橋容疑者の最近の写真 千葉県警が公開 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト
ファンド換金売りで株安/債券安、今後の資金流入先が焦点
ファンド換金売りで株安/債券安、今後の資金流入先が焦点(ロイター)

>5日の東京市場は、株安と債券安が同時に進んでいる。
 4日の米国市場で米連邦公開市場委員会(FOMC)の声明文で超金融緩和政策の長期化の可能性が示されたが、ヘッジファンドの決算前の換金売りなどが株式市場と円債市場の両方に出て、株と債券のダブル安を演出している。ただ、ヘッジファンドの換金売りが一巡すれば、日米などの低金利通貨で調達したマネーがどのマーケットに向かうのかが当面の焦点になりそうだ。

 <米金融緩和、長期化の様相>
 株式市場では日経平均が反落している。4日の米国市場で米連邦公開市場委員会(FOMC)の声明文発表後に株価が伸び悩んだことを受けて、東京市場でも売りが先行した。「特段の悪材料が出たわけではないが、個別銘柄に比較的まとまった売りが出ている。ヘッジファンドの決算に伴う最終的な換金売りや、国内勢のリスク資産圧縮の動きとみられる。景気の先行きに不安を感じているようだ」(大手証券エクイティ部)という。

短期的にはヘッジファンドの換金売りのフローに影響された東京市場だが、実質的な米セロ金利政策の長期化が見込まれることになり、市場では「ドルと円が調達通貨になってキャリートレードが活発化するだろう」(邦銀関係者)との見方が広がっている。

| comments(0) | - | [株投資注目の話題]株と経済についての話題 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ファンド換金売りで株安/債券安、今後の資金流入先が焦点
スポンサーサイト
| - | - | - | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト