知育 パリバ、不正取引の疑い 金融庁、業務停止も検討 | 三枝徹の「資産運用でお金を増やす技術・お金が貯まる節約術」
Thank you 8th Anniversary♪

三枝徹の「資産運用でお金を増やす技術・お金が貯まる節約術」

お金を増やすにはどうしたらいいですか。個人的にはやはり資産運用をすべきと考えます。ただしFXのような運に左右されすぎる取引は行いません。株取引がメインです。資産運用でお金が増えるのなら節約は不要ではないですか。そんなことはありません。お金は人生を豊かにするためのものであり、道楽で人生を無為に過ごすためのためのものではありません。1円をバカにする者にお金は残りません。

<< NY株、1年ぶり1万ドル台回復 | main | 9:16 9205JAL 今日も大下げ? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト
パリバ、不正取引の疑い 金融庁、業務停止も検討
パリバ、不正取引の疑い 金融庁、業務停止も検討(朝日)

> 仏金融大手BNPパリバ証券の東京支店が、ソフトバンク株をめぐって不正な取引をしていた疑いのあることが分かった。自社の損失を避けるため、取引終了間際に相場より大幅に高い価格で大口の買い注文を出し、取引を成立させないようにしていたとされる。証券取引等監視委員会は、金融商品取引法が禁止している作為的な相場形成にあたるとみて調べている。

 今回新しく疑いが出た「作為的な相場形成」は、売り買いの実勢とかけ離れた値動きをわざとつくりだす行為。証券市場関係者によると、パリバでは、東証1部上場のソフトバンク株について、売買期日の決まった取引を抱え、その日の相場で売買すると損が膨らみそうな取引日があった。その際、最終的に取引を成立させず、翌日回しにすることを計画した疑いが持たれている。市場が閉まる直前に高い値段を指定して大量の買い注文を出したり、他の投資家からの売りがあれば、追加で買い支えて売り注文を減らしたりしていたという。

 東証などでは、売りと買いの注文数に極端な開きがある場合、値がつかないまま取引を終え、翌日に持ち越す。パリバは、意図的にこの状況をつくっていた模様だ。
 翌日の取引では、損が出ないよう、売買が成立しうる値段にまで引き下げるなど時間をかけて調整していたとみられている。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
個人投資家はこういった大口を相手に取引しているわけです。
こういう大口の手口は日常茶飯事でしょう。
| comments(0) | - | [株投資注目の話題]株と経済についての話題 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - パリバ、不正取引の疑い 金融庁、業務停止も検討
スポンサーサイト
| - | - | - | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト